救急法が簡単に学べ、実行する自信がつきます
救急法を習っていても、いざ緊急事態の現場に直面すると「自信がない」「失敗できない」「悪化させてしまうかも
しれない」などと考え、手当て・補助を躊躇してしまうケースがあります。
このEFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)コースでは、習ったことをためらわずに実行でき、頭で考え
なくても自然と体が動くようになることを目的としています。
また、本コースは、PADIレスキューダイバーコースの受講前必須資格  となっています。
基礎から応用まで行います
インストラクターが教える「基本的なスキル」はもちろん、様々な現場(受講者の
周囲)で起こる可能性のあるシチュエーションを「応用スキル」として、学んだことを
可能な限り実践し、対応できるようにします。

身近な人が突然倒れたり、交通事故などに遭った場合、今のあなたならどうしますか?
救急車が到着するまでの時間に、いかに適切な処置を施すことができるかで
その方のその後の状況は大きく変わってしまうのです。

大切な人を守るために、いざという時に備えて適切な処置の仕方を身につけて
おきましょう。
心肺蘇生法・救急救命法

実際にAEDを使ってみましょう
AEDとは自動体外式除細動器で、心停止のような心室細動を起こした人に電気ショックを
あたえることで、心臓を正常な動きに戻す、持ち運び可能な医療機器のことです。

日本では2004年7月から一般市民でも使用できるようになりました。それにより、
普及率もあがり、救命率が向上しているのです。空港や駅、ホテル、スポーツクラブや
学校、大型ショッピングモールなど人の集まるところを中心に設置されている。

機種により多少の違いはあるものの、音声案内に沿ってセットできるようになっており、
電気ショックが必要のない場合には、ボタンを押しても電流が流れないように
なっています。
AED(自動体外式除細動器)
EFRを受講するには?
EFRはダイバーでなくても受講可能です。
ですので、小さなお子様がおられる主婦にもオススメのコースです。

料金:\25,000-(講習料・教材・申請料込、消費税別)
    ※再認定料\15,000-(講習料・申請料込、消費税別)
学科: お店にて約7時間×1回(再認定は2〜3時間)

EFR使用教材
ダイビングPADIプログラム PADIステップアップコース
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-7-3 吉田マンション1F TEL:03-6277-2515
© 2014-2017東京品川ダイビングスクール ノリス