ダイビングのスクール雑誌や情報サイトに記載されている様に「マイギア(自分の器材)を持った方とレンタル器材で続けられている方を比較した
場合、マイギアを持っている方の方が上達速度が格段に早い」という結果があります。ダイビングは海(水)の中という、人間が通常息を吸う事が
できない場所で、特殊な器材に頼って行います。マイギアは上記の上達速度に加え、安全意識も高め、何よりダイビングを続けるきっかけになる
のです。 ですのでノリスでは、自分の道具でスタートされることを推奨します。
主要ダイビング器材一覧

レギュレーターマスク・スノーケル
ダイビングスーツ(ウエットスーツ・ドライスーツ)
ウエイトベルトBCD(浮力調整具)
ダイビング器材





ダイビング器材:マスク・スノーケル

マスクは、水中で物を見るために必要となります。
鼻も覆われている構造なので、マスク内に水が入っても鼻から空気をマスク内に
送り込む事で、排水できるのです。
また、耳抜きをする際、多くの方が鼻をつまむのですが、鼻の部分が高い
海外仕様のマスクは避けましょう。

ノリスでは、外国人に比べ凹凸が少ない日本人の顔の平均をグラフィックで作成し
それを基にスカート部分(顔にあたるゴムの部分)をつくっているTUSAのものを
中心に推奨しています。
初心者にはクリアなシリコンのスカートのタイプをお勧めします。特に男性が
好みそうなブラックシリコンタイプは、視野がどうしても狭くなるので、人によっては
「酔いやすい」「目が回る」場合もあります。ですので買い替え時に検討しましょう。


スノーケルは、主に水面移動時や、水面での休息時に必要となります。
波がある時、誤って口から水を飲みこんでしまう事も防いでくれます。
浮上後等にはスノーケルの中に水がたまっているので、スノーケルクリアという
オープンウォーターコースで学ぶ排水テクニックを用います。

選ぶ際は、見た目ではなく、スノーケルクリアのしやすいものを選びましょう。
保管時・使用時にワンタッチでマスクとの着脱を行えるものもあります。





ダイビング器材:レギュレーター

水中で息を吸う道具。背負っているタンクに入っている空気は高圧縮されたもの。
そんな圧縮された空気を、水深に関係なく、自然に呼吸できるような圧力に調整
してくれる器材です。いいものは、呼吸抵抗も少なく、マウスピースを加えていても
顎が疲れにくく、流氷の下などの寒冷地でも同じように使用できる高性能なもの
もあります。
近年は、飛行機の重量制限もあり、トラベル仕様として軽量化されたコンパクト
タイプもあります。

選ぶポイントとしては、楽に呼吸ができるもの。そのうえで、故障しにくい信頼
できるメーカーのものを選びましょう。とはいっても、ダイバー歴が浅い方は
わからないので、ダイバー歴が長く、常に最新のものを多くのメーカーから見聞きし、
実際に使用しているプロショップのスタッフにお聞きください。ダイバー歴が長い
知り合いのダイバーは?と言われるかもしれませんが、一般の方の場合、
使い比べたりすることは稀で、常時最新情報を・・・というのはありえませんので、
そこはプロにお任せください。


ノリスで紹介しているレギュレーターは全インストラクターがメンテナンス可能!
ということは、現地ツアー先での万が一のトラブルも、その場で対応可能なのです。

もちろん、そんな万が一が起こらない為にも、メーカーが推奨する1年に1度、
もしくは、50本毎の定期メンテナンス(オーバーホール)に出しましょう。





ダイビング器材:ウエットスーツ・ドライスーツ

ダイビングスーツには、日本で快適にダイビングをしようと思った場合、夏のみ使用
する「ウエットスーツ」と夏以外の3シーズン使用する「ドライスーツ」があります。

ウエットスーツは文字通り濡れるので、レンタルでもいいのでは?サイズが合って
いなくても大きかったら大丈夫!ではありません。海水温は真夏でも、体温とかなり
差があります。しかも直接日が当たらない水中でダイビングは行うので、サイズが
大きいと水が筒抜けでどんどん体温が奪われていきます。反対にサイズが小さいと
窮屈で動き辛く、気分が悪くなる場合もあります。既製サイズは厳禁なのです。


ドライスーツは文字通り濡れないスーツなのですが、レンタルだと濡れることが前提
になってしまい、とても快適とは言えません。学校のプールの授業の後、眠く
なった経験はありませんか?人間は体温より低い水に入ると熱を奪われるので
体温を正常に保つために体が熱を発生させ体力を消費していきます。

特に女性や体力に自信のない方にとっては濡れないという事がとても大切なのです。






ダイビング器材:ウエイトベルト

人間は何もしなければ水に浮きます。
ダイビングでは更にダイビングスーツをはじめとする浮力があるものを身に
着けますので、沈む為にはウエイト(おもり)が必要となります。
ウエイトの量は、身に着けているスーツやインナー、その方の体格・体型、
ダイビングレベルに応じて様々です。

一般的なダイビングに最適な浮力、いわゆる中性浮力をキープする為に、最初の
頃は水中でウエイトの増減を行います。その際、沖縄や現地サービスで多い
昔ながらのベルトに鉛玉を通すタイプのウエイトベルト(上写真右側)では、
一度腰につけたベルトを外す必要があります。という事は、ウエイトを増減しようと
した際に、誤って浮上してしまう可能性があるという事です。

そこで、ノリスではポケットタイプのウエイトベルト(上写真左側)を推奨しています。
ポケットタイプだとベルトを外さずにウエイトの出し入れが可能なので、浮上してしまう
リスクはありません。
しかも、鉛玉むき出しのウエイトベルトと比べ、特に女性は骨盤付近に鉛玉があたって
痛いという事も防いでくれるのです。
もちろん、鉛玉でせっかくのスーツが汚れるという事もありません。

ウエイトが腰部に集中しすぎないようにや、バランスを取る為等の理由で
ウエイトベスト、アンクルウエイト等もあります。BCDのポケットにウエイトを入れ
クイックリリースできるものもありますがセットする手間としっかり止まっていなかった
場合の万一の落下を考え、あまり推奨していません。





ダイビング器材:BCD

BCDは「Buoyancy Control Device」の略で、いわゆる浮力調整装置です。
背部にタンクを取り付け、水中ではBCD内に空気を手動で出し入れする事で浮力を
調整します。水面では、空気を入れ、救命胴衣的役割も兼ねます。

BCDの浮力を調整するボタンの形状、位置、そしてどれくらい押したらどれくらい入る
(抜ける)かはそれぞれ違います。自分だけのBCDを手に入れ、同じBCDを何度も
使う事が快適ダイビングへの第一歩である中性浮力をマスターする近道になるのです。
ただ、軽量すぎるものは、生地自体が弱いので旅行用としては推奨できますが、
一般のダイビングでは使用しない方がいいでしょう。

BCDは、ベルトで調整ができ、背部からわき下が膨らむショルダーベルトタイプ、
着脱にも慣れが必要でサイズ調整ができないベスト(ジャケット)タイプ、
背部のみが膨らむバックフロートタイプの3種に大別されます。
一番のオススメはショルダーベルトタイプです。ベルトによるサイズ調整ができ、高い
フィット感が得られます。またベルトのバックルを外す事により、脱装が簡単に行えます。

バックフロートタイプは水面でのバランスを取るのに慣れが必要ですが水中でのバランス
はとりやすいです。腕周りが動かしやすいので、カメラダイバーにオススメです。





ダイビング器材:ダイブコンピュータ

安全管理の必需品!ダイビング器材で、最重要視される器材の1つです。
一部の海外ではダイブコンピュータなしで潜れないところもあるくらいです。
現在では腕時計タイプが主流になり、女性でも気にならない大きさで見やすい
表示のものが人気。

ダイブコンピュータを使えば、潜水時間だけでなく、水深、その水深であとどれくらい
いても問題ないかを瞬時に表示、安全浮上速度の警告音、潜水計画が容易に
たてられる、潜水記録(ログ)をストックしてくれる等、多くの機能が搭載されて
おり、減圧症のリスクがかなり軽減されます。

また、エンリッチドエア(ナイトロックス)にも対応しているものが多く、酸素の%を
設定するだけで、減圧不要限界なども自動算出してくれるのです。


ダイブコンピュータを買おうと思った時、注意していただきたい事があります。
ネットや量販店、中古品には、海外登録製品がたまにまじっており、電池交換や
点検時に国内のものと比べ約3倍のコストがかかります。実際に該当するかは電池
交換に出してみないとわからない為、正規のプロショップでの購入をオススメします。

ダイビング後、シャワーを浴びる際などにダイブコンピュータを外す方が多いですが
盗難が多い器材でもありますので、できる限り身に着けておきましょう。






ダイビング器材:グローブ

なんだ、手袋か・・・と思われるかもしれませんが、グローブも一部地域では着用が
義務付けられているのです。(絶対に着けてはいけないという地域もあります)

保温効果もありますが、「手の保護」という事が着用する一番の理由です。
特に、ダイビングを始めて間もない初心者の方は、水中でのバランスが不安定で
大抵は岩やサンゴ(だめですが)等、色んなものをつかみがちになります。
学校のプールなどで水に入ってしばらくすると、手がふやけてしわしわになった事は
皆さん経験されている事と思います。
海でももちろん同じで、そんなふやけた手でバランスを取ろうとして岩等をがっしり
持ってしまうと、手を切ってしまうのは目に見えていますよね。
また、手をついた先に危険な生物がいる可能性もあります。

グローブはシーズンやダイビング目的によってタイプを変える事もあります。近年
デジカメダイバーが増えている事もあり、しっかりしたグリップでカメラをつかめ、
シャッターを押すのに抵抗のない厚さのカメラ専用グローブも増えています。

軍手での代用は、×です。まず保温性はゼロで、水分を含む事により伸びて縫い
目に隙間ができ、そこから砂や小石が入り込む事もあり、手の保護に関しても
効果が薄いのです。お勧めは、スリーシーズングローブと冬用グローブの併用です。





ダイビング器材:ゲージ(残圧計)

メインの機能は車でいうガソリンメーターの役割を持つ残圧計。タンク内の空気の
残量を示してくれます。

多くはこの残圧計と水中で自分の進むべき方向を示すコンパスの2連タイプが
人気です。更に水深計を含めた3連タイプもありますが3連になると長く・重くなるのと、
ダイブコンピュータが水深計も兼ねているのでゲージに水深計は不要なのです。
もちろん、ダイブコンピュータをお持ちでない方に水深計は有効ですが、ダイブ
コンピュータが水深計の役割を兼ねる事ができてもその逆はあり得ないのです。

初心者の方はゲージを引きずりがちで、サンゴなどを傷つけてしまうので、
しっかりホースクリップなどでブラブラしないようにしておきましょう。

ダイビング中はインストラクター(ガイド)にハンドシグナルで自分の残圧を複数回
示します。事前に「残圧が●●になったら教えてくださいね」と言われますので、
自分の残圧はこまめにチェックしましょう。また、他の人よりも空気の減りが早い
という方は気にしすぎないようにしましょう。気にしすぎると息ごらえをして酸欠気味に
なってしまったりもありますので。
エアのもちは、ダイビング技術の向上・ストレス軽減により長くなります。まずは
ピークパフォーマンスボイヤンシー(中性浮力)のスペシャルティの受講をオススメ
します。





ダイビング器材:オクトパス・オクトパスインフレーター

スキューバダイビングで装備を義務付けられている予備の空気源、いわゆる予備の
レギュレーターと思っていただいたらわかりやすいと思います。

どんなダイバーでも、ダイビング中にタンク内の空気がなくなるという可能性はゼロで
はありません。そんな時に活躍するのがオクトパスなのですが、タンク内の空気が
ゼロになってしまえば、もちろん自分のものは使えません。バディから借りるのです。

活躍の場は無いに越したことがないのですが、万一の使用シーンとしては

・自身(バディ)のレギュレーターの故障
・バディのエア切れ(エアが殆どなくなる)

があります。


万一の時にすぐに使用できるように目立つ黄色のものが多いです。
また、レギュレータータイプのオクトパスとインフレーター一体型のオクトパスもあり
ブラブラとホースが何本もあるのが面倒という方には後者がおすすめです。

器材セッティング時にはオクトパスも正常に作動するか(呼吸ができるか)の
チェックもしっかり行いましょう。





ダイビング器材:フィン・ブーツ

フィンは水中で自由に泳ぐための推進力として不可欠なものです。

フルフットタイプ(上写真水色と黄色)と、ストラップタイプ(上写真ピンクと
オレンジ)の2種類があり、素材はゴムやプラスティック、等。
長さや硬さ・重さも様々で、ドライスーツとウエットスーツ時のブーツでは生地厚や
高さ・幅に違いがあるので、それぞれのスーツによって使い分ける方が多いです。

ストラップタイプのフィンでは、ベルト部分を専用のスプリング(ばね)に変更する
事ができ、標準装備のベルトでは、装着時には両足各左右のベルトを均等に
引っ張る、脱装時にはバックルを外す(紛失する可能性もある)手間があり、
揺れる船の上では着脱に時間がかかる事により船酔いをする可能性も高く
なります。
一方、スプリングはというと、着脱時それぞれ、スプリングを引っ張って放すだけの
ワンタッチ♪揺れる船上でも時間をかけることなく短時間で着脱できるので
船酔いの心配も軽減されます。
また、バックルを外す事もないので、スプリングを紛失するという心配もありません。


ブーツは、グローブ同様、怪我防止が最大の使用理由なのですが、フルフットフィン時
に着用する専用ブーツは怪我防止に加え、フィンと足の隙間を無くし、一体化させる
ような役割もあるのです。その分、推進力も高くなります。







オクトパス
ダイブコンピュータ
ゲージグローブ

フィン・ブーツ
上記の器材以外にも様々な器材・小物があります。金額やメーカー、種類に関しては雑誌・カタログなどの文字と写真だけでは不十分です。
実際に多くの器材を使用してきたダイビングスクールのインストラクターに相談しながら、自分に合った器材を選んでいきましょう。
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-7-3 吉田マンション1F TEL:03-6277-2515
© 2014-2017東京品川ダイビングスクール ノリス