花粉症なのですが、ダイビングはできるの?
毎年花粉症に悩まされているのですが、症状が出ているときはダイビングできるのでしょうか?
鼻がムズムズして、くしゃみが止まらない。眼が真っ赤になったり、かゆくなったり、
涙が止まらない、咳や頭痛など症状は様々です。ノリスには悩まされているスタッフもいますが、
症状によってダイビングをしたり、しなかったりしています。どんなに重い症状でも問題なく潜れる方も
おられますし、軽い症状でも全く耳が抜けず潜れない方もいます。人によっては海の中は花粉が
飛ばないのでラクになると言われる人や、花粉が飛んでいない奄美大島や沖縄などに行くと、
症状が和らぎ問題なく潜れたと言われる人もいますので、絶対に!という答えがありません。

なぜ花粉症になるの?
人は、風邪などのウイルスや殺菌から、免疫によって守られています。
しかし、その働きが過剰になり過ぎるとアレルギー症状を引き起こします。
花粉症はアレルギー症状の一種なのです。体に入ってきた花粉を
異物と判断し、追い出そうとするためにくしゃみや鼻水や涙が出ます。
花粉症とダイビング
点鼻薬をしてダイビングをするのは大丈夫?
点鼻薬などの薬を使わなければ耳抜きが出来ないという方は、その日のダイビングはお勧めできません。潜行する時は、問題なく耳抜きが出来ても、
水中で効果が薄れると、浮上時に耳管が開放せず、中耳腔の空気が排出しないと耳の圧迫感や耳痛を起こし、耳やサイナス(副鼻膣)のリバース
ブロックやスクイーズ起こし、痛みで浮上が出来なくなったり、めまいを起こしたりすることがあります。

鼻炎の薬を飲んでダイビングしてもいいの?
市販されているほとんどのアレルギー性鼻炎治療薬は、ダイビング時の使用禁止成分が入っています。耳鼻科などで処方されるアレルギー治療薬で、
陸上で少しも眠気を感じないものであれば、ダイビング時に使用してもかまいませんが、必ずダイビングをしても問題ないか、医師に確認をしてください。

日頃の花粉症対策が大切です!
体内に花粉が入ってくると、対抗するためにIgE抗体という物質が作られます。しかし、すぐに花粉症になるわけではありません。花粉が入ってくる度に
抗体が作られ、それが蓄積して一定量を超えると、花粉症を発症します。ですので、花粉に出来るだけ接触しない事=予防をしましょう。
また、最も症例が多いスギ花粉は2月上旬から飛び始めますので、1月から予防を行い、早めの対策が大切です。

@出かける前に天気予報などで花粉情報をチェックしましょう。
A外出時は、花粉が付きにくいツルっとした服を着ましょう。
B帽子・メガネ・マスクは必需品です。
C気温が上がって花粉が大量に飛ぶお昼前後と、飛んでいた花粉が下に落ちてくる夕方は、なるべく外出を控えたほうがいいでしょう。
D外出後は、服や髪の毛についた花粉を叩いてから室内に入り、うがい・手洗いをしましょう。専用ブラシを使うのも効果的です。
Eお布団や洗濯物は出来るだけ外には出さず、外で干す場合は、しっかり叩いてから取り込みましょう。
F窓を開けていると花粉が入ってきますので、出来る限り開けないようにし、開ける場合は短時間にしましょう。空気清浄機があると更に良いでしょう。
G部屋の掃除をこまめに行いましょう。花粉が床に落ちている朝が一番オススメ。まずは、掃除機ではなく、濡れ雑巾やモップやコロコロを使いと
 良いでしょう。掃除機のあとに再度濡れ雑巾などを使うと更に効果的。
H一般に、鼻やのどの粘膜の炎症を抑えるのには、50〜55%の湿度が最適といわれています。加湿器を利用して、部屋の湿度をキープしましょう。
Iバランスの取れた食事を。 特に花粉症に効果がある食べ物は?
 ・ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌を多く摂取して、腸内環境を整える事も有効です。
 ・納豆や味噌、醤油、ぬか漬け、酒かすなど、発酵食品にも、腸内環境を整える善玉菌を増やす働きがあると言われています。
 ・鼻やのどの粘膜を強くするビタミンAを多めに摂取するのもいいと言われてます。
 ・シソの葉は、体を温める作用があり、咳や鼻水に一定の効果があります。
 ・甜茶やハーブティーが、効果がある方も。
Jストレスは花粉症の対敵。ストレスでひどくなる場合もありますので、自身にあったストレス解消法を見つけましょう。
K生活リズムを整えて、抵抗力を高めましょう。普段から疲れをためないようにしっかり睡眠をとりましょう。
Lタバコやお酒は、鼻水や鼻づまりを悪化させるので控えましょう。

などなど、対策・予防はたくさんあります。少しでも症状が抑えられるといいですね。

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-7-3 吉田マンション1F TEL:03-6277-2515
© 2014-2019東京品川ダイビングスクール ノリス