妊娠中でもダイビングをしても大丈夫?
現在、妊娠3ヶ月です。ダイビングをすると何か影響が有るのでしょうか?
また、妊娠中にダイビングをしても大丈夫ですか?
妊娠中のダイビングは流産・未熟児・先天異常などの問題を
引き起こす可能性がありますので、控えた方がよいでしょう。

むくみ
ホルモンが増加する事により、むくみやすくなります。
 むくみにより耳抜きがしにくくなったり、減圧症のリスクが高くなります。

つわり
妊娠初期に起こるつわりにより、潜水中に嘔吐する可能性が高く、
また脱水症状になると、減圧症のリスクが高くなります。

減圧症
妊娠前期のダイバーが減圧症にかかってしまった場合、胎児に後々影響が出るか
どうかは現在の所わかっておりません。母体と同じスピードで胎児にも気泡が形成
されるのかどうかも現在の所わかっておりません。妊娠後期のダイバーが減圧症の
徴候がある場合、再圧治療が必要になる為、胎児に悪い影響を及ぼすでしょう。

肺の膨張による障害
胎児は空気で呼吸せず、酸素を血液から直接吸収しています。その為胎児は肺の膨張による障害は起こりませんが、妊娠中のダイバーが
肺の過膨張障害(エアー・エンボリズム)にかかると母体も胎児の生命も危険です。もし、高圧治療が必要になってしまった場合、再圧治療
そのものが胎児にとって危険なものとなってしまうからです。

せっかく芽生えた生命なのですから大切にしましょうね!

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-7-3 吉田マンション1F TEL:03-6277-2515
© 2014-2019東京品川ダイビングスクール ノリス