サメが怖いのですが大丈夫ですか?
映画などのイメージもあるのですが、サメが怖くて心配です。
世界中でいうと、400種以上もいるサメの仲間ですが、人間に危険を及ぼす可能性の高い種類は
ごくわずかです。様々な映画などの影響で「サメ=危険」という先入観がついてしまっているの
ですが、たいていのサメは、人間から危害を加えたりしない限りは温厚なのです。
ごくわずかな危険とされるサメとダイビング中に出会う事は通常のダイビングではまずありません。

ダイバーはサメを見に行く
国内外の一部スポットでは、サメをわざわざ見に行くのです。
有名なものでいうと、沖縄県与那国島のハンマーヘッドシャーク。
流れのあるポイントで、サメが泳いでくるのを水底に止まって待つダイビングなので
危険ではありません。また、海外でよく見るサメも温厚で、逆にダイバーを見ると逃げていく
ものがほとんどです。
変わったところでいうと、ノリスでは(回数は少ないですが)水族館の水槽ダイビングも
行っています。もちろん、その水槽の中にはサメを含め、いろんな生物がいるのですが
まったく問題はありません。
サメ・危険な海中生物

では、海で出会う危険な生物って?
どのレベルで危険なのかというラインが難しいです。ここでは、一部だけ紹介しますが、詳しくは専用の書籍がありますので、そちら等でご確認ください。
・ウツボ:歯が鋭いので、不意に手を出すとかまれる可能性があります
・オニダルマオコゼ:背ビレに毒を持っており、普段は擬態している事が多いので、手をつく場所はしっかり確認しましょう。
・ガンガゼ(ウニの仲間):浮力調整がままならず、着底したところにいると、棘が刺さります。中性浮力をマスターしましょう。
・アンボイナガイ:刺されると毒を持っているので要注意。


〒141-0021 東京都品川区上大崎3-7-3 吉田マンション1F TEL:03-6277-2515
© 2014-2019東京品川ダイビングスクール ノリス